発毛や育毛には、生活習慣改善から

もともと、髪の毛に関しては白髪もなければ、抜け毛もなく髪の毛のこしなども一切悩みもありませんでした。
ところが30歳を越えたころから、抜け毛が目立つようになり、何といっても髪の毛が細くなってきているのが自分自身でもわかるようになりました。
私は、30代後半になってから日に日に薄毛になっていっている事にある気がつきました。
気がついたきっかけは、友人が私に「なんか毛薄なってきてない?」と言ったことからです。
私は遺伝的に将来ハゲるのだろうなっと予測はしていたのですが、こんなに早く薄くなってくるものなのかっと非常に驚きました。
また、気がついた日から髪のことが非常に気になり、出来るだけ帽子を被る、風が強くあたる位置を避けるなどしていて日常生活に支障をきたし始めました。
私の父にそのことを相談したのですが、父は50代から薄くなりはじめたらしいのです。

一番わかりやすいのは上から見たときも何となく、頭皮が透けて見えるところがいやだなと感じていました。
これは毛髪そのものよりも毛根に問題があると思ったわけです。
そこで弱くなった頭皮、そして毛根をいかに元気にするかを考えました。

まず始めたことは一般的ですが育毛剤を使用し始めました。
育毛剤にはミノキシジルとよばれる成分が入っています。
ミノキシジルはとても育毛効果が強い成分だそうです。
しかし育毛成分が強い代わりに副作用が有るようなのです。

育毛剤に配合される成分の中に、ミノキシジルやフィナステリド(プロペシアの有効成分)があります。
これらふたつの成分は、非常に高い育毛効果が見られます。しかし、低血圧や肌荒れ、性欲減退・精力低下、肝機能障害、肥満などの副作用があるとも言われています。
だから、あまりお勧めできません。
参考:売れている育毛剤の口コミや効果を徹底調査

毎日使用する物ですから体に優しい成分や自然由来の物がいいかと思います。
高い育毛剤は効果が出やすいと思っていましたが、そうではないようです。
自分にあった育毛剤を使用し継続していく事が大切なんだそうです。

自分で出来るだけの事はしてみようと思い、生活習慣も改善し始めました。
改善前の私の生活習慣は仕事の関係もあり、毎日朝方に眠り、そしてカップ麺などを食べるというような生活を繰り返していました。
なので、出来るだけ早く仕事を終わらせて、健康に気をつかった食生活をはじめると、劇的に髪の毛のに変化が現れました。
具体的には、毛が太くなり丈夫になったのです。
なので、薄毛などで悩んでいる方は、まずは生活習慣から見直していくことをオススメします。それが、発毛や育毛につながります。

そしてシャンプーの仕方を変えてみました。
男性用のシャンプーでもブラシをセットで購入することでシャンプーの際にはきちんとブラッシングをして、毛根の汚れを洗い流す習慣をつけるようにしました。
さらにはあまり、刺激の強い食品(特に辛いもの)を控えるようにすることで少しずつですが毛根も強くなったような気がします。